G7伊勢志摩サミットにてオバマ大統領や各国首脳に贈呈される!

2016年5月26日、27日開催のG7伊勢志摩サミットに参加した米国英国など核保有国を始めとする各国首脳に広島市と中国放送から「まんがで語りつぐ広島の復興」の英語版「Hiroshima's Revival」が贈呈されました。

松井市長は本の贈呈にあたり、先進国首脳や世界の指導者たちにも広島を訪れてもらいたいとの思いをこめた手紙を添えました。特に広島訪問が決まっていたオバマ大統領には、被爆の実相に触れてもらい核兵器のない世界への具体的な道筋を発信するとともに、あわせて広島の復興についても理解を深めてもらいたいと期待を表しています。

「Hiroshima's Revival」は、G7サミット出席の首脳・欧州連合議長・委員長の8人に加え、拡大会合に参加する潘基文国連事務総長やインドネシア、ベトナム・ラオスなどの各国首脳らあわせて12人にも贈呈されました。

なお、サミットに先立って4月10日、11日広島で開催された、G7広島外相会合の出席者や海外メディアにも広島県や広島市などで組織する外相会合支援推進協議会から「Hiroshima's Revival」が配布されました。