1. アナウンサー日記
  2. 青山 高治
  3. 映画館に響き渡る自分の名前

2016年を迎え「今年は映画館で映画を50本は観よう!」という目標を立てました。
記念すべき1本目に選んだのは…「妖怪ウォッチ」でした(笑)。
仕方ありません…冬休み中の子供たちを連れての家族サービスです。

心地よいシートに腰掛けポップコーンを頬張りながら、「子供たちはスクリーンに夢中だから、こっちは眠くなったら昼寝だな…」と、ぼんやり予告編を観ながら睡魔の訪れを待っていた瞬間…

「タカハル!消滅か⁉」

と映画館ならではの大迫力のナレーションが響き渡りました。
ちょっと寝ようかな…と思ったぐらいで自分の名前を呼び捨てにされ「消滅か⁉」と叱責されたことに激しく動揺しながら、一体何が起こったのかと急いでスクリーンを見つめるとイケメンの青年が仲間たちに呼びかけていました。

「タカハルぼっちゃんを助け出さないと…」
いやいや呼び捨ても抵抗あるけど、もうすぐ44歳になるおじさんに「ぼっちゃん」はないだろう…と恥ずかしがっていると、「タカハルって…パパの名前を言ったよね…」と、うちのぼっちゃんたちが笑いながら話していました。
「ひょっとして自分が知らないうちに『イマなまっ! 劇場版』が制作されていたのか…」と、少しだけ主演の自覚が芽生えてきたところで謎が解けました。
いきなりスクリーンで暴れまわるスーパー戦隊の姿…「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の予告編だったのです。

その主人公アカニンジャ―の名前が「伊賀崎 天晴」。
天晴と書いてタカハルと読むのです。ゴレンジャー、ジャッカ―電撃隊、バトルフィーバーJ…
かつて自分が夢中になったスーパー戦隊シリーズに自分の名前が…
しかもリーダーにだけ許される色「アカ」を演じるヒーローだなんて。
子供の頃、戦隊ごっこで「青山は青山だからアオレンジャーな!」とずっと決めつけられ、「理不尽」という言葉の意味を周りの誰より早く理解していたあの頃のタカハル少年に教えてやりたいと思いました。
なんだか嬉しくなり「面白そうな映画じゃないか…公開されたら子供たちを連れてきて観てみるか」と完全に予告編に釘付けになっていると、最後のナレーションが大音量で流れました。

「さらば…タカハル…」

えっ⁉どうなるの?タカハル、どうなるの?

もはやおじさん一人でも映画館に行く覚悟です。
気になるなぁ…。
(同じ名前と分かってもまだテレビでは見たことありません。日曜の朝7時半はRCCで「がっちりマンデー!!」で決まりです…笑)

アナウンサー一覧

カレンダー

2018年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31