1. アナウンサー日記
  2. 橋本 裕之
  3. 人生を導いたレコード

先日 家で自分の持ち物整理をしていた時のこと。
小学校から高校時代にかけて買った何十枚ものレコードが、ダンボールに入れて 部屋の片隅に置いてあります。
普段は全く見向きもしないのに、この時は何故か箱に手がのびました。
一枚一枚手にとっては、曲が流行った頃の 自分の思い出と重ね合わせてジャケットを見ていました。懐かしい青春時代の数々のシーンが蘇ります。
そうした中で、私の“人生を導いた一枚”が出てきました。
その一枚とは、ポール・モーリアの大ヒット曲「エーゲ海の真珠」。



この曲は1970年に発売され、初めて聞いたのが中学3年生。お昼の校内放送でした。
心を揺さぶられるほど感動したのを鮮明に覚えています。
『何と美しいメロディなんだろう!』と。すぐレコード店に走り買い求めました。
初めて聞いて以来 何度か校内放送でこの曲が流れました。

度々聞いているうちに、当時、オーディオに大変関心が高かった私は、放送部に入れば音響機器があるだろうから、趣味の欲求を叶えられると考えました。
そして高校進学後、迷わず放送部に入部。
さあ 趣味の延長のクラブ活動が始まるぞ!と思ったのも束の間。

新入部員3人が、先輩の引率で校舎屋上に連れて行かれました。何のためって?
『発声練習』をするためです。
1年生3人の中からアナウンス要員を決めるためです。
私は“不幸にも?”声がかなりデカかったようで、本人の希望も何も全く無視され、問答無用でアナウンス要員にさせられてしまったのです。
でも この出来事があったからこそ今のアナウンサーという仕事があるわけで、人との出会いは 実に面白いものです。

そんな昔の懐かしいひとコマが「エーゲ海の真珠」のレコードを見て蘇ってきました。
そして 何十年か振りに、レコードに針をおろしました。


image

一枚のレコードに導かれた 私のアナウンサー人生。何と有難いことか!
ただ このひとコマに浸って時間がどんどん流れてしまい、結局 持ち物整理は進みませんでした。
心が温かくなったから まあ いいか・・・・・

音楽

アナウンサー一覧

カレンダー

2017年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31