1. アナウンサー
  2. アナウンサー日記
  3. 橋本 裕之

朝の大合唱

橋本 裕之

8月に入り、夏本番。
毎日 朝から肌に“じとーっ”と まとわり付く様な 蒸し暑さが続きます。
とは言え、幸いにも明け方までエアコンのお世話になっているため、夜中も暑さで目が覚める
ことはありません。


read more

先日 家で自分の持ち物整理をしていた時のこと。
小学校から高校時代にかけて買った何十枚ものレコードが、ダンボールに入れて 部屋の片隅に置いてあります。
普段は全く見向きもしないのに、この時は何故か箱に手がのびました。
一枚一枚手にとっては、曲が流行った頃の 自分の思い出と重ね合わせてジャケットを見ていました。懐かしい青春時代の数々のシーンが蘇ります。
そうした中で、私の“人生を導いた一枚”が出てきました。
その一枚とは、ポール・モーリアの大ヒット曲「エーゲ海の真珠」。


read more

音楽

先日ふるさと・京都に行ってきました。
もう広島に住んで36年の長きになるため、故郷とは言え、今では「帰る」ではなく『行く』という感覚の方が正しいかなと思っています。

今回行ったのは「保津川 (ほづがわ) 下り」です。
この川下りは、京都市の北西部『亀岡』から京都の名勝『嵐山』まで、保津川を舟下りする約16キロ2時間弱の旅です。
四季折々の峡谷の風景と、時に激しい川の流れや水しぶきにスリル感じながら自然を楽しめます。


read more

旅行


お久しぶりです。
このWebサイトに 約6年半ぶりに戻ってきました。
『新人のような気分』ですが、実はRCCアナウンサー最年長です。
今回 復帰後初のご挨拶になるため、“今更”という気もしますが、改めて簡単に自己紹介します。
京都市生まれの京都市育ち。1980年アナウンサーとしてRCCに入社しました。
アナウンサー生活で思い出深いのは、1991年(平成3年)の広島カープ リーグ優勝。
現時点で最後のリーグ制覇です。
幸運にも、旧広島市民球場グラウンドでの胴上げとビールかけを球場の放送席で目の当たりにしました。
あの感動のシーンから25年。長い年月を経て 本当に「やっと」今年また見られそうで、今からワクワク、ドキドキします。

その後 2010年に広報部へ、2013年には 人生初の転勤=福山放送局への異動。
どちらもアナウンサー時代には経験出来なかった分野に携わることができ、非常に大きな財産になりました。

福山放送局は、JR福山駅から車で10分弱。緑豊かな小高い丘に局舎があります。



春はウグイスの清らかなさえずり 夏はセミの遠慮のない大合唱。
そして 時にはヤモリも出没。自然に恵まれた場所で仕事をしていることを実感させてくれます。
福山放送局はRCCの『支社』ですが、事務的な業務だけではなく 実際にここで番組を制作し放送もしているため「放送局」という名称にしています。
特徴的なことは、月に1回15分のオリジナル・ラジオドラマを制作し放送していること。本社ではなく“支社”がドラマ作りを実施しているのは、全国的に極めて珍しい取り組みです。ぜひ ラジオ または ラジコでお聞きください。
◆番 組 名:びんご朝市! 井戸端ラジオ
◆放送時間:日曜7:15~7:45
※ドラマは月1回 番組内15分です。
いや~ぁ 福山勤務時代がとても思い出深くて、ついついPRに力が入ります。

そして2016年1月。2年8か月過ごした福山を離れ、古巣のアナウンス部に異動。
再びマイクに向かう日々です。『人生 今が青春』をモットーにまい進します。


アナウンサー一覧

カレンダー

2019年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31