1. アナウンサー日記
  2. 本名 正憲

今これを打っているのが17日の水曜日、午後3時過ぎ。
東京ドームでのG戦で悪夢の3連敗を喫し優勝へ黄色信号がともったわれらがカープですが、
最後の勝負となる9連戦は残念ながら1勝1敗ペースで巨人とのゲーム差は5。
厳しいですねー。
奇跡の大逆転優勝!と願いたいところですが
わし自身としてはCS地元開催、つまり2着確定の朗報が早く聞きたい。
弱腰、との批判もありましょうが、まあええじゃないですか。
去年は借金付きの3位で甲子園、それに比べりゃ本当に強くなったもんです。

ま、奇跡の逆転優勝が数字上あるならば
悪夢のBクラス転落だってあるわけで、浮かれていてはいけません。
え?縁起でもないこと言うなて??

とにかく9月にこんな話ができる、球場で盛り上がれるなんて、やっぱ最高です。
広島人でいてよかったと、本当に思います。
土砂災害の後、これが口癖になりました。
広島は負けん!


尾道市向島と愛媛県大三島を往復する110キロ、
「銀輪パラダイス しまなみ海道サイクリング尾道大会」がいよいよ25日に迫ってまいりました。
今回も司会兼出場者として頑張ります。
 


image

今年はロードじゃなくてコイツで走っちゃろうと思うとります。
愛車ブリジストンモールトン。もちろん、カープの赤ね~

去年は10月の終わりだったんですが今年は半年早まりました。
今年10月には今治をスタートする記念大会がありますので時期をずらしたようです。
が、なんといっても台風も来ない、暑いけれどもカラッと爽やかな梅雨入り前のこの季節が最高でしょう!
今からうずうずするのぉ~、と言いたいところなんですが、全然走れてない~。
もともと寒い時期にわざわざ自転車なんかには乗らない主義でして、「暖かくなったら」とか「4月になったら」
とか言っとったんですが、4月に入っても一向に乗らん。
わしを自転車から遠ざける最大の要因は…。

カープ

そう、われらが広島東洋カープ。もはや「赤い狂信者」と化したわしとしては、
首位(16日時点。たぶんこれがアップされる1週間後も大丈夫じゃろうとは思いますが)をひた走るカープに連日熱狂。
もちろんスタジアムへも通い詰め、勝てば祝勝会負ければ反省会と称した飲み会の嵐。
結局寝不足のまま翌日を迎え、お昼ごろ「おはラジ」終わって家に帰ればベッドにばたんキュー。
貴重な練習時間を昼寝に費やしてしまっているのです。そして夜にはまたカープ…。
この「赤い連鎖」のおかげで全然乗れておりません。大丈夫かわし?
100キロちょいと言えばそんなに長距離というわけではないのですが、
大いに不安を抱えたままのスタートとなりそうです。

ただ今回は前日の24日、プレイベントで司会を担当いたします。
スノボの竹内智香選手も来られるという事で、仕事的にはとても充実した楽しい2日間になりそうです。


毎日寒い日が続きますのう。
アーチェリーは室内大会(18メートル)のシーズンが終わり、アウトドアシーズンへ向け練習の毎日。
今は70メートルやら90メートルの長いのを練習しとります。が、寒い…。はようぬくぅなりませんかのう。
こんな時こそランニング。
まあ、やっぱり寒いものは寒いのですがしっかり走っております。
なんたってわし、「招待選手」になったもんですから。えっへん!
今年で5回目を迎える「呉とびしまマラソン」が23日に開かれます。
蒲刈町「県民の浜」をスタートゴールとするハーフマラソン、つまり21.1キロの大会です。
きょう、わしのところに呉市から書類が届きました。


image

駐車証には「招待選手」、そしてゼッケン番号は特別にラジオ周波数の「1350」です。テンション上がるわ~♪
「何で?」と思われるかもしれませんが、今回の大会、呉市観光課さんから話がありまして、
開閉会式・お楽しみ抽選会の司会兼出場選手となったのです。
話をつけたのが「三原の鉄人」として知られるトライアスリート、福元哲郎さん。
わしの友人でもある彼が(勝手に)話を進めてくれたおかげでこういうことになったのでした。
ランニングは趣味、というより人生の一部と位置付けているわしとしても嬉しい話で
喜んで引き受けさせていただいた次第です。
ただもともとレース志向ではないわし、せいぜい「ひろしま国際平和マラソン」で10キロを仲間と走る程度のもんです。
それが初のハーフマラソン、というわけで不安もあり。
ま、瀬戸の多島美を楽しみながらのんびりジョギング気分で…
いや、やっぱりひーひー言いながら必死こいて走るような気がします。
大会に参加される皆さん、一緒に楽しみましょう!

5月25日には「しまなみ海道サイクリング尾道大会」が開催されます。今回もわしは司会兼参加。
去年は東広島市での「板鍋山登山マラソン」もやっぱり司会兼選手だったので、
これからカラダ張った仕事(まあ趣味なんじゃけどね)が増えてくるような気がします。
まだまだ若いモンには負けんでぇ~!!


秋のスポーツシーズン、毎週末にいろんなイベントがありました。

10月27日には尾道は向島をスタート・ゴールとするサイクリングイベント、
「しまなみサイクリング尾道大会」が開催、開会式の司会ならびに出走してきました。

その前の週には対岸の愛媛県今治市でも大会があったのですがこちらは大雨。
ちなみにわしは仕事のため参加を見送っていました。

で、尾道大会、去年に続いて見事な秋晴れのもと、
各コースの参加者はしまなみ海道をのんびりと、
人によってはガンガン楽しんでおりました。
もちろんわしはのんびり派であります。110キロ、楽しかったなあ!

さらにその次の日曜日、11月3日には「ひろしま国際平和マラソン」が開催され、
雨の中1万2千人が思い思いのペースで楽しみました。
これ読んでいる方の中にも参加された人がおってじゃと思います。

で、こちらも去年に続いてスタート前のゲストランナー紹介セレモニーの司会につづき、
参加者として10キロ走りました。
雨で体が冷えましたが、混雑の中なんとか47分台でゴール。
まだまだ50分は切り続けたいですね。

てなわけで、趣味と実益のふたつのイベント、ご報告でした。


62年(もちろん西暦)生まれの私、青春時代はまさにディスコ全盛時代でした。
火付け役となったのは映画「サタデーナイト・フィーバー」の大ヒットですね。
いまだに「おお、フィーバーしとるじゃん」なんていうオジサンもちらほら見受けられます。
サントラを彩ったビージーズはその後もヒットを飛ばし続け、ポール・マッカートニーやブロンディ(懐かしー)など
畑違いのアーティストもその影響を強く受けたものでした。

大学に進学し、遊び上手な友人に連れられて通ったのは歌舞伎町のディスコ。
そこで初めて聞いたのがクインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」でした。
これは衝撃でしたねえ。
そのカッコよさ、渋さ…。
いまだにしょっちゅう聞きますがやっぱり自分にとって最高の1曲、というと迷わずこの曲を選びます。
それぐらい好きですねえ。
その後もクインシーはマイケル・ジャクソンのプロデューサーとして数々の名曲を連発、
まさにポップス界の巨人となるわけです。

そのクインシーが広島に来る!。
そうです、8月3日の「エターナル・ピース・コンサート」。
チケットが先ほど届きました。
見てみると…、おおっ、結構前の方じゃ~ん。
パティ・オースティンもビッグバンドも来広ということで、
これは「愛のコリーダ」のみならず「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」とか「ソウル・ボサ・ノヴァ」とか、
名曲の数々がナマで聴けるんでしょうねえ。

今からホント、楽しみだなあ。
ワシにとってまさに神様、いやそれ以上の存在かもしれません。
こんな日が来るなんて思ってもいませんでしたわ。
というわけで喜びのあまりまとまりのない日記で申し訳ありませんでした~。


アナウンサー一覧

カレンダー

2018年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30