1. アナウンサー日記
  2. 一柳 信行
  3. 甲子園目指します。

センバツ高校野球も終わり、今度は各大学の春季リーグ戦、そしてプロ野球が開幕。
野球ファンにとっては楽しみなシーズンとなりました。
甲子園の時期になると、不思議とキャッチボールをする子供達が増えるなんて、よく言います。
やはり甲子園って少年の心をひきつけてやまない何かがあるんでしょうね。

かく言う私も高校時代までは白球を追いかけていた一人。
延長戦入り直前の9回2死からサヨナラ本塁打を打たれて夏が終わるという残酷な幕切れでした
が、それも青春時代の良き思い出。
今はRCC野球部で、あの頃の様な爽やかな汗ではなく、動かない体を冷や汗で濡らしながら楽しんでいます。


そんな私にもう一回甲子園を目指そうよ!という誘いが同級生からかかってきました。
ピンときました。「マスターズ甲子園」という大会です。
これは数年前から始まった大会で、高校野球経験者が社会人となっている今、出身校のユニフォームを着て各地方予選を勝ち抜いて、憧れの甲子園球場で試合をする全国大会のことです。
以前、県工が出場しているのをTVで見たことがあって、いいなぁ~、あそこで試合が出来て・・・、と思った記憶がありましたが、正直一部の野球名門校OBしか手が届かない大会なんだろうと思っていました。
結構そう思っていた人は多かったみたいです。


image

しかし、よく考えてみれば、大学・社会人野球上がりのバリバリと言われている人はそう多くないし、マスターズといわれている大会なので、試合を楽しめるように配慮されていて、出場選手の年齢制限もある。
あまり若い人ばかりが同時に出場できないようになっている。
それなら我々にも本戦出場のチャンスはあるぞ(ここで勘違いしてはいけないのが、あくまでもチャンスだけはあるということなのだが・・・)ということになり、私の同級生が音頭をとって、県予選から出場することになりました。


とはいえ、普通の公立高校ながらも、やはり諸先輩方の時代があってこそ私達の代があり、更には後輩達も何百人といる。そこはまず野球部OB会長に打診をして出場の許可をとり、可能な限り、各代のOB達に連絡をとって名簿作りから始めました。こういう時に世話好きの同級生がいてくれて本当に助かりました。


さっそく3月上旬に寒風吹きすさぶ中、OB会長が見守る中第1回の練習開始(私は勤務のため欠席)。
都合がついた数人からスタートしたが、これが想像した以上に悲惨な状況だったらしい。
とにかく体が動かない。1つ上の先輩で今は唐沢寿明にそっくりなY先輩は、見た目は凄くカッコイイのにそりゃイケんじゃろ!とツッコミが入りまくっていたらしい。
現役時代にそんなツッコミをしたなら、当然その日の夜は説教をくらっていたはずだが、もうみんないい歳である。
いい雰囲気だったらしい。
正攻法ではキツイと判断したある同級生は、大先輩の山本浩二さんに頼み込んで、何とか予選免除にしてもらえないか?とそれとなく私に探りを入れてくる者もいた。なるわけがない。

とりあえず県予選の初戦の日時が決まりました。場所は呉。
私「二河球場か。高校3年の夏の予選以来じゃの。」と言うと、
同級生「いや、呉の何とかグラウンドじゃ。しかも朝9時から。」
私「それって何処にあるん?」
再度同級生「わしもようわからん。みんな知らんって言いよったで。」
野球の技量よりも、まずはその場所にたどり着くことが出来るのか、そこが一番心配になってきた。
我が軍は本当に大丈夫なのだろうか。
そして、もし甲子園にまでたどり着けたら、私が打席に立っているときは
「一柳!自分で実況しながら打て!」と言い始める先輩がいたらどうしよう?
楽しい妄想である。

追伸:先週マツダスタジアムで大OBの山本浩二先輩にお会いしました。
マスターズ甲子園の予選に出場する旨をお話ししたところ、とてもにこやかにほほ笑んでくれ、
「お~ぉ、ほうか。頑張れ。」と励ましてくださいました。
やはり大OBは器が大きいなぁ。

しかし、大変なことを一言伝え忘れたことに後から気が付いた。

「先輩も一緒に出ませんか?。」この一言を・・・。

もし実現したら、相手校チームはびっくりするでしょうね。

アナウンサー一覧

カレンダー

2018年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31