1. アナウンサー日記
  2. 石田 充
  3. サンフレッチェ~3度目の日本一に想うこと~

2015年も残すところあと1週間です。
33歳を迎えた1年。個人的には前半はカープに、後半はサンフレッチェに染まった1年でした。
特に日本一&世界3位に輝いたサンフレッチェからは感動をもらいました。

勝手に自分とサンフレやサッカーの歴史を振り返ってみると…
クラブ発足と同時に当時あった小学生用のサンフレクラブ会員になりました。
当時は高木琢也、前川和也といった大きな選手に憧れ、広島スタジアムにも自転車で通った日々を思い出します。
1994年にビッグアーチであったオールスターは兄と一緒に観戦。バスを出待ちして、ジーコを窓越しに撮った写真は宝物です☆

中学生の頃は、サッカー部でゴールキーパー。決して強くないチームだったのでキーパーは大忙しで、ある意味楽しかったですね。サンフレッチェのキーパースクールに参加したのも懐かしい思い出です♪

高校1年だった1998年。初のワールドカップ出場で日本中が沸いた時でした。TVゲームのウィニングイレブンにはまったのもこの頃からですね(笑)
4年後の大学2年の時は神奈川に住んでいましたが、日韓ワールドカップで授業どころではなかったのを思い出します。サンフレの成績的には苦しい時期だったかもしれませんが、国立競技場、味の素スタジアム、横浜国際競技場など、関東のスタジアムでの応援は脳裏に焼き付いています。

社会人1年目の2005年は、クラブワールドカップの3位決定戦&決勝を横浜で観ましたが、まさかその10年後、サンフレがその大会に出ているとは…。
2007年にはイタリアでACミランvsセルティックをサンシーロで観戦。海外のサポーターのサッカーに対する熱の入れ方に衝撃を受けました。

RCCに入ってもJ1・J2入れ替え戦が行われた京都へバスツアーで一人観戦。
J2降格後も、熊本での試合へ一人観戦。
去年のナビスコカップ決勝も個人的に埼玉スタジアムへ向かいました。(まさかの逆転負けでしたが、あのガンバ戦での教訓が今年のチャンピオンシップに生きた気がします)

そして迎えた今年。
10月以降、毎週のように吉田町に一人で取材。(ラジオですからね)
カープの最終戦の日にも吉田へサンフレの練習取材へ行くと、「きょうは吉田じゃないでしょ」とエースストライカーに突っ込まれました…(苦笑)。
でも、それだけ今年のサンフレッチェに個人的にも期待していたわけです。

正念場を迎えて、柏がケガをすると山岸の活躍。水本がケガをすると佐々木が活躍。誰が出ても同じレベルのサッカーができるのは本当にすごいことです。「腐りそうでも腐らなかった」というある選手の言葉が印象的でしたが、練習での紅白戦で控え組が本気で主力組を喰ってかかろうとしている姿に強さを感じました。そしてその試合に出られない選手のモチベーションを維持し続け、主力組にも成長を促した監督の手腕は脱帽です。

そして、リーグ最終戦ではラジオ実況。
佐藤寿人のJ1通算最多ゴールを電波を通じてお届けできたのは幸せでした。
(歓声が大きく、私の実況は聞こえなかったと思いますが、サポーターの声がゴールの証でした(笑))

チャンピオンシップ第2戦ではピッチリポーターとして、森保監督の10mほどの場所で優勝の瞬間を見ることができ本当に幸せでした♪


image

テレビの優勝特番のMCを担当しながら、選手とともに喜びを分かち合えて感無量。
終わってエディオンスタジアムを出ようとしたのが深夜2時過ぎ。
たまたま森保監督がタクシーに乗って帰るのと同じタイミングでしたが、車窓から笑顔で私たちに手を振ってくれて疲れが一気に吹き飛びました☆監督が1番疲れているはずなのにその気遣い…最優秀監督の人柄はこんなところにも表れるんでしょうね。


image

そして23日に行われた優勝パレード。
私は・・・プライベートで普通に平和大通りでサポーターとして参加(^^)

小雨降る中でしたが、シャーレを持った監督の笑顔、手を突き上げる青山主将など、スタジアムとは違った選手の姿はかっこよく映りました。
 


image

さて、サンフレッチェの戦いはまだ天皇杯が残っています。
そして残っているというと、大晦日にRCCラジオで“ココスポ”のスペシャルが私の大きな仕事として残っています!
サンフレッチェの柏選手のインタビュー&広島の年末年始に大きな大会を控えているチームを直撃!
大晦日の午前9時から2時間40分の生放送です♪

そして、ひとあし早いですが、今年も1年ありがとうございました。
2016年も石田をはじめ、RCCのテレビ、ラジオをよろしくお願いいたします☆

アナウンサー一覧

カレンダー

2018年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31