番組は終了いたしました。

放送日時:2019年86日(火)正午~午後2時55分

パーソナリティ:おだしずえ / 山根良顕(アンガールズ) / アーサー・ビナード(詩人)

原爆投下から74年。被爆者の平均年齢は約82歳となりました。

74年前のあの日。日本人だけでなく、たくさんの国の人達が原爆の被害に遭い、その中には二つの国籍をもつ「日系アメリカ人」も多数存在していました。

広島は明治時代から多くの移民を輩出した「移民県」とも言われています。
-日本の広島で、もうひとつの祖国であるアメリカが造った原爆の被害を受ける-
その移民をルーツにもつ日系アメリカ人の方達はどんな想いで原爆を受けとめ、戦後を生きてきたのでしょうか?

番組では広島における移民の歴史とともに、はざまで揺れる在外被爆者の心情にも迫ります。

皆さんからの情報・お便りも募集しています。

●日系アメリカ人として被爆した方、または親族に在外被爆者をもつ方は、その経験談を。
●私たちがこれからの時代に「ヒロシマ」を語り継いでいくためには何が必要か?

メール:ohiru@rcc.net | FAX:082-221-3300