トップページに戻る
現場でプレゼンター

番組放送中にサッカーの試合・練習会場へ
お邪魔します。

選手のみなさん、監督やコーチのみなさん、会場のお客さまにマイクを向け、"サッカー現場の声"をリアルタイムでお届けします。
レポーター木村&若槻
私たちが現場に おじゃまします!

'06年4月23日
第5回中国女子サッカーリーグ第2節/広島フジタレディースサッカークラブ

写真
第5回中国女子リーグの第2節が開催された安芸郡府中町の揚倉山グランドにおじゃましました。
中国女子リーグは中国地方から参加した8チームによる1回戦総当たりのリーグ戦。広島からは広島フジタレディースSC 、青崎SCハナコ、広島大河FC レディースの3チームが出場。その他に吉備国際大学 (岡山)、ブランカス倉敷(岡山)、就実FCキートス(岡山)、FCレーヴェ(山口)、大和撫子(山口)が参加しています。4月22日(土)に広島市西区の草津グランドで今季が開幕。第1節の4試合が行われ、9月10日(日)まで全7節の戦いがスタートしました。
写真
写真は第2節の第1試合。9時にキックオフがかかったFCレーヴェ(赤のユニフォーム)と就実FCキートスの一戦から。
土曜日の雨で試合前のピッチはバッドコンディションでしたが、早朝より運営スタッフのみなさんが整備にあたります。「運営スタッフ」と言っても多くは試合を控えた選手のみなさん、チームスタッフのみなさんです。
午後1時からブランカス倉敷との試合を控え、もちろんグランド整備にもあたった広島フジタレディースSCのみなさんにお話を聞きました。

写真
佐藤綾美選手
/中学1年生
写真
左山桃子選手
/中学3年生
写真
釣本梢子選手
/中学3年生

再生ボタンのクリックでインタビューが始まります。
広島フジタレディースSCのみなさんのインタビュー ウィンドウズメディアプレーヤーで聴く リアルプレーヤーで聴く

ディズニー・ピクサー映画「バグズ・ライフ」の主人公、発明家のアリ「フリック」に似てる(?)という佐藤綾美さんと、前日の第1節vs大和撫子戦でゴールを決めた左山桃子さん、釣本梢子さんがお話してくれました。みなさんキュートな中学生です。
左山さんは広島観音高校からベガルタ仙台に入団した左山晋平選手の妹さん。晋平選手は17日までスイスで開催された第66回ベリンツォーナ国際ユース大会に日本高校選抜チームの一員として参加。
チームは決勝戦でスイスのバーゼルを1対1、PK3対1で降して優勝。日本高校選抜の今大会2回目の優勝に貢献しています。

関連ページ
取材ノート/'05年12月20日「左山晋平選手の記者会見」

写真
男子チーム、女子チームとも中国地方を代表する強豪として知られる広島フジタサッカークラブ。
その歴史は昭和48 年、参議員議長でオーナーだった藤田正明 氏のもとで「広島ピルコ」という社会人男子チームが改編されてスタートしました。レディース部門が創設されたのは平成元年です。
広島フジタレディースの最近の成績を一部ご紹介しますと…。
・第21回広島女子サッカー選手権 優勝(大会4連覇/'05年9月)
・第27回全日本女子サッカー選手権大会 中国地域予選 準優勝('05年10月)
・第22回フジタ杯女子サッカー大会 優勝(大会史上初の4連覇/'06年2月)
みなさんがインタビューで答えてくれた通り、今年も全国の舞台を目標に戦います。
写真
インタビューをチームメイトのみなさんが笑顔で見守ります。とても仲の良い雰囲気が伝わってきました。
チームが午後から戦った第2節vsブランカス倉敷戦は左山"ももっち"桃子選手のゴールを含む5対0で快勝。連勝で中国女子リーグをスタートしました。
きっと試合の後に予定されていたお花見会も盛り上がったんでしょうね。
全国の舞台目指して、がんばれ!広島フジタレディース!
写真
「みほちゃんのヘアスタイルが少しかわりました。ぼくはすごく良いと思うんです。」
中継技術と写真撮影は岡田裕文。編集人はシンタニでした!


戻る


Copyright (C) 2000-2006, RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.