トップページに戻る
現場でプレゼンター

番組放送中にサッカーの試合・練習会場へ
お邪魔します。

選手のみなさん、監督やコーチのみなさん、会場のお客さまにマイクを向け、"サッカー現場の声"をリアルタイムでお届けします。
レポーター木村&若槻
私たちが現場におじゃまします!

'06年8月27日 広島観音高校サッカー部の優勝報告/広島観音高校サッカー部

畑喜美夫監督
畑喜美夫監督
DF代健司選手3年生/キャプテン
DF代健司選手
3年生/キャプテン
MF古川恭治選手3年生/副キャプテン
MF古川恭治選手
3年生/副キャプテン
FW左山駿介選手2年生
FW左山駿介選手
2年生
広島県高校総体を制し、平成18年度全国高校総体(06総体THE近畿)に初出場初優勝を成し遂げた広島 観音高校。全国制覇を決めた8月8日(火)以降、番組には観音を応援するみなさんはもちろん、サッカー ファンの みなさんからお祝いのメールがたくさん届いています。
「ぜひとも広島観音高校サッカー部のみなさんから優勝報告を。」広島市西区南観音町の同校におじゃまし て、大会の振り返りと今後の目標をうかがいました。

関連ページ
取材ノート/'06年6月18日(日)「第59回 広島県高校総体 決勝戦 広島観音高校vs山陽高校」
スタッフ日記/'06年8月8日(火)「夏の便り/大会の結果など」


再生ボタンのクリックでインタビューが始まります。
広島観音高校サッカー部のみなさんのインタビュー ウィンドウズメディアプレーヤーで聴く リアルプレーヤーで聴く


写真
8月8日(火)初芝橋本高校との決勝戦終了後。長居スタジアムのピッチでナンバーワンの記念写真。
(写真提供:広島観音高校)


平成18年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(トーナメントの1部)
トーナメント表

平成18年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技(準決勝以降)
トーナメント表

平成18年度 全国高等学校総合体育大会(06総体THE近畿)サッカー競技
第5日目 準決勝第1試合

広島県立広島観音高校
広島県立広島観音高校
前半 栃木県立真岡高校
栃木県立真岡高校
後半
2006年8月7日(月)17:00キックオフ @長居第2陸上競技場
【入場者数】4,000人【天候】晴、強風
時間 得点者/アシスト
28' 代 健司/高橋勇気
90 45   45 90
5 3 8 シュート 6 3 3
4 2 6 GK 8 1 7
1 1 2 CK 4 1 3
8 5 13 直接FK 9 2 7
1 2 3 間接FK 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
時間 得点者/アシスト
- -/-

平成18年度全国高等学校総合体育大会(06総体THE近畿)サッカー競技
第6日目決勝

広島県立広島観音高校
広島県立広島観音高校
前半 初芝橋本高校
初芝橋本高校
後半
2006年8月8日(火)18:00キックオフ @ 長居スタジアム
【入場者数】5,500人【天候】曇、強風
時間 得点者/アシスト
46'
53'
左山駿介/古川恭治
左山駿介/川上真吾
90 45   45 90
8 5 13 シュート 5 0 5
5 4 9 GK 11 8 3
0 1 1 CK 3 2 1
3 5 8 直接FK 10 4 6
0 2 2 間接FK 0 0 0
0 0 0 PK 0 0 0
時間 得点者/アシスト
- -/-


写真
インターハイ全国高校総体でサッカーが正式種目になったのは1966年(昭和41年)の第19回青森大会から。広島県代表チームの優勝は1999年(平成11年)岩手大会を制した広島皆実高校が初めてで、今回の広島観音高校が2度目の全国制覇でした。

関連ページ
現場でプレゼンター/'06年5月28日「広島皆実高校と広島U-16選抜チームの練習試合」

決勝戦終了後に大会優秀選手の30選手が発表され、広島観音高校からは6選手が選ばれました。
背番号 氏名 ポジション生年月日学年 身長/体重
1 中島啓太 GK 平成元年6月7日2年180cm/70kg
10 代 健司 DF 平成元年3月27日3年175cm/65kg
6 田代寛明 MF 平成元年9月14日 2年170cm/65kg
9 天根 駿 MF昭和63年7月9日 3年162cm/60kg
8 古川恭治 FW昭和63年4月4日 3年165cm/61kg
11 左山駿介 FW平成2年3月15日 2年174cm/65kg

写真
校内には優勝を祝う垂れ幕と中国新聞が。

写真
日付 試合 対戦相手スコア広島観音の得点(時間/アシスト)
8月2日(水) 1回戦 東邦 2○0 川上真吾 (38分/天根 駿、代 健司)、天野 智 (66分/高橋勇気)
8月3日(木) 2回戦 上田 2○0古川恭治(26分/梅本洋也)、万徳光平(69分)
8月4日(金) 3回戦 岐阜工業 2○0 代 健司(6分)、左山駿介(33分/川上真吾)
8月6日(日) 準々決勝 東海大五2○1 左山駿介(16分)、左山駿介(34分/高橋勇気)
8月7日(月) 準決勝 真岡1○0 代 健司(28分/高橋勇気)
8月8日(火) 決勝 初芝橋本2○0 左山駿介(46分/古川恭治、梅本洋也)、左山駿介(53分/川上真吾)

7日間で6試合のハードな戦いで光ったのは総失点を1に抑えた堅固なディフェンス。
畑監督とは大河FCを通じて親交のある森島寛晃選手(セレッソ大阪)は準々決勝のvs東海大五戦を観戦。 自身ホームページの日記で広島観音のチームバランスとコミュニケーションの良さに触れながら、「勉強に なりました」と感想を述べています。
06総体THE近畿を制し、広島観音高校は高円宮杯第17回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会( 9月10日〜10月9日)の出場権を獲得。1次ラウンドはEグループに入り、ディフェンディングチャンピオンで今夏(7月28日〜8月5日)の日本クラブユース選手権で準優勝のヴェルディユースと対戦します。

高円宮杯第17回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会/1次ラウンドEグループ
EグループE1E2E3E4勝点得点失点得失
点差
1広島観音高校
(高校総体 優勝/
広島県)
9月10日
e
9月16日
e
9月18日
f
       
2盛岡商業高校
(東北第2代表/
岩手県)
9月10日
e
9月18日
e
9月16日
e
       
3ヴェルディユース
(JCY 準優勝
/東京都)
9月16日
e
9月18日
e
9月10日
e
       
4 旭川実業高校
(北海道第2代表
/北海道)
9月18日
f
9月16日
e
9月10日
e
       
e:国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場(東京都北区)
f:藤枝総合運動公園サッカー場(静岡県藤枝市)

写真
「選手の自主性に任せています」畑監督の言葉の通り、選手のみなさんの話し合いで先発メンバーを決め る広島観音高校。レベルアップをはかる普段のトレーニングでももちろん話し合いが。
高円宮杯は高校チームとクラブユースチームが参加した高校年代日本一を決定する唯一の大会。インター ハイにつづき、二中魂の観音旋風を巻き起こしていただきたいと思います。

関連ページ
スタッフ日記/'06年8月20日(日)サンフレッチェユース佐藤一樹コーチインタビュー

写真
8月27日(日)午後7時から広島市中区中町の広島全日空ホテルでは、サッカー部と芸陽観音同窓会の 主催で優勝祝勝会と壮行会が行われました。
会で披露された優勝旗は中継コーナーでおじゃまする以前にひと足はやく広島全日空ホテル入り。 ロビーで広げて見せていただきました。

中継技術と写真撮影は岡田裕文。編集人はシンタニでした!


戻る


Copyright (C) 2000-2006, RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.