トップに戻る
取材ノート

2005年8月25日(木) 広島観音高校サッカー部トレーニング/@広島観音高校グランド

広島観音高校サッカー部のトレーニングにおじゃまして、チームを率いる畑喜美夫監督と3年生の主力4選手にお話をうかがいました。
広島観音高校は大正11年11年4月に広島県立広島第二中学校として開校した伝統校。サッカー部は学校創立以来の歴史を誇ります。創部81年目の平成15年には高円宮杯第14 回全日本ユース(U18)選手権への出場を決め、これが観音サッカー部の初めて手にした全国大会出場の切符。同大会には今年も出場を決め、3年連続のチャレンジです。(9月23日に開幕。サンフレッチェユースとともに中国ブロック代表として出場。)
また、昨年度の第83回全国高校選手権大会には広島県代表として念願の初出場(広島県大会決勝で広島皆実を1対0で降した)。富山第一高校との1回戦('04年12月31日/@等々力陸上競技場)は、1 対1 (PK4- 2)で競り勝つと、各務原高校(岐阜)との2 回戦('05年1月2日/@三ツ沢球技場)は1対0で勝利。 3回戦、興梠慎三(現・鹿島)と入船和真(現・広島)を擁する鵬翔高校(宮崎)を相手に0対1で残念ながら敗れ、ベスト16で大会を終了しましたが、観音のチャレンジは畑 監督が実践する週に3日の練習メニューと、提唱する「自分以外の誰かのためにプレーする」とともに全国の耳目を集めました。
サンフレッチェユース、広島皆実高校と並んで県内ユース年代を牽引する観音サッカーの強さの秘密をリポートします。

再生ボタンをクリックでインタビューが始まります。

写真 GK 川岡耕平選手(写真左上)、DF 左山晋平選手(同右上)、DF 坪井慎吾選手(写真左)、FW 鍋原大崇選手(同右)ひとことずつお願いしました。
ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く

川岡耕平選手と左山晋平選手のインタビュー。
Q)開幕まで1か月をきった高円宮杯に向け、意気込みを聞かせてください。ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)GK の川岡選手。最後尾からチームをいつも見ていますが、観音はどんなチームですか?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)左山選手。ベガルタ仙台の入団が内定したそうですが?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)川岡選手。将来の夢は何ですか?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く

坪井慎吾選手と鍋原大崇選手のインタビュー。
Q)チームの全体練習は週3日間だけだそうですが?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)開幕まで1か月をきった高円宮杯。過去2回のチャレンジは予選ラウンド敗退。今年の目標を聞かせてください。ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)高円宮杯が終われば、すぐに第84回全国高校選手権広島大会(観音はシード校のため、10月23日の2次リーグから)。意気込みを聞かせてください。ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)将来の夢は何ですか?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)観音サッカー部は、全選手(およそ90人)は交換日記のようなものをつかって、畑喜美夫監督とそれぞれコミュニケーションをとっているそうですが?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く

インタビューにこたえてくれた4選手は畑監督推薦の4選手。いろいろとうかがう中で、その言葉の端々から「あぁ、本当にサッカーが好きなんだなー。楽しい環境で大きな目標を胸にプレーしているんだなー」と感じました。また、各選手のプレーの特徴を畑 監督にうかがいますと…。
左山選手…攻撃の起点。左サイドを駆け上がり、左足から繰り出す精度の高いセンタリングが持ち味。
川岡選手…瞬発的な能力がズバ抜け、チームのピンチを数々と救ってきた守護神。"PK の職人"でもある。
坪井選手…的確な指示でDFラインをコントロール。チームを鼓舞する能力に長けている。
鍋原選手…スピードスター。下手そうで上手いところもあるのが持ち味。(監督評ですよ!)
ちなみに左山選手は副キャプテン。ともに副キャプテンを務める小熊和人選手、キャプテンの田中康晴選手はこの日、大学のセレクションに参加中でした。
左山選手、川岡選手、田中選手、小熊選手は国体の広島県少年男子チームに名を列ねています。
写真
チームを率いる畑喜美夫 監督は39歳。U-17日本代表。U-20日本代表としてアジア大会に出場。
ソウルオリンピックの日本代表候補も経験。順天堂大学4 年生の時には総理大臣杯サッカー選手権とインカレで日本一。2冠を獲った名選手です。
指導方針は「量より質を大切に。自主性を重んじ考えるサッカー」。観音高校の他、観音中学と大河FCでも指導にあたります。
再生ボタンをクリックでインタビューが始まります。

畑喜美夫監督のインタビュー。
Q)雰囲気のとても明るいチームですね?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く 写真
畑監督に
ひとこと
お願いしました
ウィンドウズメディアプレーヤーで聴く
リアルプレーヤーで聴く
Q)週3日間の練習について詳しく教えていただけますか?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)「観音でサッカーをしたい」という新入生の声を多く耳にしますが?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)高円宮杯出場を決めた原動力は どんなところでしょうか?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)開幕まで1か月をきった高円宮杯。今、どのような準備を?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)高円宮杯が終わると、すぐに第84回全国高校選手権広島大会ですが?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)第85回広島県高校総合体育大会の決勝戦(6月19日@広島スタジアム)では、広島皆実高校に0対1で惜敗。インターハイ出場を逃しましたが?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
Q)左山晋平選手のベガルタ仙台新入団が内定したとうかがいましたが?ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く

写真
「観音では監督と選手、そして選手間で秘密や隠し事はありません!」

写真「中継コーナー"現場でプレゼンター"と今回のような取材で日焼けし、
最近背中の皮がむけてきました。」の図。
観音のマネージャーさんよりも黒かったぞ。あはは…。
「畑監督は私の理想のお兄さん像です!がんばれ、観音高校!」

取材人:北村冴美  編集人:シンタニ

戻る


Copyright (C) 2000-2005, RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.