トップに戻る
取材ノート

'06年12月15日(金)
サンフレッチェ広島の2006年最後の全体練習
駒野友一選手と青山敏弘選手のインタビュー/@吉田サッカー公園

12月15日(金)サンフレッチェ広島は吉田サッカー公園(安芸高田市)で2006年最後の全体練習。
終了後、駒野友一選手と青山敏弘選手に話を聞いた。
2007年シーズンの開幕に向け、サンフレッチェ広島は1月22日(月)広島ビッグアーチでトレーニングをスタートする予定。
写真
再生ボタンのクリックでインタビューが始まります。
12月15日(金)
吉田サッカー公園でのトレーニング終了後。
駒野友一選手のインタビュー
ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く

2007年の日本代表は2月25日(日)からの合宿で始動する予定。AFCアジアカップ2007(7月7日〜29日にタイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアの4か国で共同開催の予定)に向け、3月24日(土)に韓国代表戦、6月にはキリンカップが予定されている。
AFCアジアカップに日本代表は6大会連続6度目の出場。4度目の優勝と3連覇を目指す。第14回AFCアジアカップ2007のグループリーグ抽選会は12月22日(金)にクアラルンプールで行われる予定。

2006年からAFCに加盟したオーストラリア代表や、「永遠のライバル関係」と表現される韓国代表、日本と同じく大会3度の優勝を誇るイラン代表とサウジアラビア代表など、強豪との対戦が楽しみなアジアカップにあって、サンフレッチェ広島サポーターとして注目したいのはウズベキスタン代表。
ウズベキスタン代表の指揮を執るのは2001年にサンフレッチェを率いたヴァレリー・ニポムニシ監督。
アジアカップ予選でグループFに入ったウズベキスタン代表は3勝2分けで2位通過。4大会連続4度目の出場を決めている。ヴァレリー・ニポムニシ監督はサンフレッチェ退団後、上海や山東でクラブチームの監督を務め、今年1月にウズベキスタン代表監督と同国の強豪クラブチーム・パクタコールの監督に就任。手腕を奮っている。駒野友一選手の現在の活躍がヴァレリー監督にはどのように映るだろうか。

※AFCの公式ウェブサイトではヴァレリー・ニポムニシ監督の名前は「ヴァレリー・ネポムニアチ 監督」と表記されている。
※ヴァレリー監督は代表チームに専念するため、兼任していたパクタコールの監督を8月に辞任している。

写真
関連ページ
取材ノート/'06年1月21日「サンフレッチェ広島の始動トレーニング」
取材ノート/'06年5月15日「ワールドカップ日本代表に選出された駒野友一選手の記者会見」
取材ノート/'06年6月24日「駒野友一選手の帰国インタビュー」
取材ノート/'06年8月4日〜9日「キリンチャレンジカップ2006vsトリニダード・トバゴ代表」
取材ノート/'06年10月1日〜5日「キリンチャレンジカップ2006vsガーナ代表」
写真
再生ボタンのクリックでインタビューが始まります。
12月15日(金)
吉田サッカー公園でのトレーニング終了後。
青山敏弘選手のインタビュー 
ウィンドウズメディアプレーヤーで聴くリアルプレーヤーで聴く
関連ページ
取材ノート/'06年2月25日「2006Jリーグ開幕イベント第2弾その1」
スタッフ日記/'06年8月29日「青山敏弘選手インタビュー/アオ、待ってたぜ」
スタッフ日記/'06年10月14日「J1第27節の前日/青山敏弘選手インタビュー」
写真 写真
インタビュー収録中に佐藤寿人選手からツッコミが入る。大笑いの青山敏弘選手。

第15回アジア大会ドーハ2006 サッカー男子/2次ラウンドグループF
U21日本代表
U21日本代表
3 2 前半 0 2 U23パキスタン代表
U23パキスタン代表
1 後半 2
2006年11月29日(水)17:15キックオフ(日本時間23:15)
@Qatar Sports Club Stadium
【得点】本田圭佑(2')、谷口博之(32')、谷口博之(57')、RASOOL Muhammad(61')、
AKRAM Naveed(82')

第15回アジア大会ドーハ2006 サッカー男子/2次ラウンドグループF
U23シリア代表
U23シリア代表
0 0 前半 0 1 U21日本代表
U21日本代表
0 後半 1
2006年12月3日(日)17:15キックオフ(日本時間23:15)
@Qatar Sports Club Stadium
【得点】平山相太(77')

第15回アジア大会ドーハ2006 サッカー男子/2次ラウンドグループF
U21日本代表
U21日本代表
1 1 前半 1 2 U23北朝鮮代表
U23北朝鮮代表
0 後半 1
2006年12月6日(水)17:15キックオフ(日本時間23:15)
@Qatar Sports Club Stadium
【得点】HONG Yong Jo(4')、一柳夢吾(7')、KIM Yong Jun(63')

第15回アジア大会ドーハ2006 サッカー男子/2次ラウンドグループF
順位 勝点 試合 得点失点得失点差
1
北朝鮮 北朝鮮
7 3 20131+2
2
日本 日本
6 3 21054+1
3
シリア シリア
4 3 11121+1
4
パキスタン パキスタン
0 3 03026-4

各国が23歳以下の選手とオーバーエージ枠の選手でチームを編成する中、来年から始まる北京オリンピック2次予選をにらんで21歳以下の選手で大会に挑んだ日本。指揮を執った反町康治監督は「レベルの高い経験を積みたい。その中で決勝トーナメント進出は最低限の目標。」と話していたが、日本の予選突破はならなかった。アジア大会で日本の2次ラウンド敗退は2大会ぶり。
優勝し、初めて金メダルを獲得したのはカタール。銀メダルは20年ぶりにアジア大会に復帰したイラク。 また、3位、銅メダルはイラン。中東勢がメダルを独占したのは1982年ニューデリー大会以来。

北京オリンピック出場を目指す21歳以下の日本代表は、'07年2月18日(日)から合宿を行って、21 日(水)に壮行試合。28日(水)予選の初戦を迎える予定。


戻る


Copyright (C) 2000-2006, RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.