1. アナウンサー
  2. アナウンサー日記
  3. 青山 高治

先日、48歳の誕生日を迎えました。
立派なアラフィフです。もうおじさんとして完全体です。
担当している「イマナマ!」の本番前、スタジオの近くにあるメイク室へと向かい大きな鏡の前に座ると、そこには生活に疲れ果てた中年男性の姿…。見事に仕上がったおじさんがそこにいます。


read more

誕生日

秋も深まりました。服装の幅が広がるこの季節、いろいろと秋の装いを楽しみたいものですね!
しかし現実の僕は…。


read more

イマなまっ!ニュース6

毎日思う…。早く仕事が終わらないかなと(笑)。
でも1年で1度だけ「ずっとこの仕事が終わらなければいいのに…。ずっとこの時間が続けばいいのに…」という日が僕にはある。
今年で6回目の開催となる音楽イベント「ライブグリーン」だ。
毎年司会を担当しているが「ずっとこの場所でこの音楽を聴いていたい。
ずっとこの歌声に包まれていたい」と思うのだ。


read more

ついに開幕したRCCテレビ60年「チームラボ 広島城 光の祭」に行ってきました。
1589年に築城された日本三大平城の一つである広島城。初代広島藩主浅野長晟が入城して400年を迎える2019年に、街の象徴である広島城を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変える…とパンフレットに書いてありました。
こう聞くと少し構えてしまいそうですが、実際は行くだけで楽しい!見るだけで楽しい!自分自身が巨大なアートの一部になる体験が出来ました。


小さなものは約30センチ、大きなものは約3メートルの球体が全部で250個以上配置されていて、誰かが触れる度に新しい光と音が広がり、その変化は天守閣まで届きます。
「呼応するたちつづけるものたち、埋もれ失いそして連続していく」というエリアは、一番大きな球体が並んでいて、まるで巨大な光の迷路です。ぜひカップルで行って「私を見つけて~!」「僕はここだよ~!」とかくれんぼをしながらイチャイチャしてほしいと思いました。



read more

担当しているテレビ「イマなまっ!」放送終了後は基本的に慌ただしい。
16時50分、台本などを片付けながら胸元につけていた小さなピンマイクを外すと同時に、まず食事が始まる。料理コーナー「楽うまクッキング」のキッチンセットに向かい、その日作ったメニューを番組スタッフで美味しくいただくのだ。放送で紹介するレシピは2~4人分だが、実際はリハーサルで作った分や調理時間の関係で差し替えた分があるので、結構な量がある時が多い。そこに仕事が一区切りついた人から順番に並んで食べていく。「石原軍団」ならぬ「イマなま料理軍団」による炊き出しはスタッフからも大人気だ。


read more

アナウンサー一覧

カレンダー

2020年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30