1. アナウンサー
  2. アナウンサー日記
  3. 橋本 裕之
  4. 音楽は思い出のアルバム

ラジオ番組「音楽アラカルト」。土曜・夕方と日曜・深夜にお送りしている25分番組です。
寺内アナと私のシニアコンビが週替わりで進行役を務め、それぞれが思い出に残る国内・海外の曲を自由に選んでトークを交えるという構成です。2人とも70年代に青春時代を過ごしたこともあり、昭和の この年代を中心に、毎回テーマに沿って選曲しています。


私が「1976年のヒット曲」を特集した番組収録で、子門真人(しもん まさと)さんの『およげ!たいやきくん』をかけていた時のこと。

この曲は、年間最大のヒット曲でした。シングル盤の総売上げが およそ500万枚という歌謡史に残る記録的な数字。それだけに当時は、テレビやラジオを通じて、この曲を聞かない日がないほどでした。



収録時 こんな思い出が蘇ってきました。
1976年2月のある日。私は大学入試で 英語の長文読解問題に挑んでいました。
なかなか手強い難問で“こりゃあヤバイな”と焦り始めました。そのタイミングに合わせるかのように「およげ!たいやきくん」が頭の中を回遊し始めたのです。問題を解こうと必死にもがいている状況で、“たいやきくん”が邪魔を仕掛けてきました。
こんな大事な時にやめてくれ~!!と心の中で叫びましたが、“たいやきくん”はおかまいなし。
気持ちよく泳ぎ回るばかり。結局 配点の大きい長文読解問題で沈没。この大学とは ご縁がありませんでした。勿論“たいやきくん”が悪いわけではなく、ひとえに私の力不足の結果です。
ただ もしかしたら、私を冷静にさせようと“たいやきくん”が救いの神としてやってきたのかも??・・・

歌とともに、45年ほど前の思い出が鮮やかに蘇えってきました。今となっては青春時代のひとコマとして笑みがこぼれます。
音楽には、瞬時に 過去のひとコマに誘う偉大な力があるものだなと感じ入ります。

次の収録時には、どんなワンシーンが息を吹き返してくるのか!

音楽

アナウンサー一覧

カレンダー

2021年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30