1. アナウンサー
  2. アナウンサー日記
  3. 橋本 裕之
  4. 時間旅行

職場の私のデスクの引き出しには、「ことば」に関する本が何冊か入っています。

その中に「京ことば辞典」という本があります。25年ほど前に買った本です。



購入の動機は、長くふるさとを離れ、郷土のことばを“形あるもの”として持っておきたいと思ったからです。

普段はただ「持っているだけ」で、めったに見ることはありません。

まるで 引き出しの“重し”みたいなものです。気まぐれに暇つぶしに“ツマミ読み”する程度です。

決してぞんざいにしているのではなく、私は この本を所持していること自体に価値を見出しています。

 

先日パラパラとページをめくる中で、こんな言い回しに目が留まりました。


 

① 『おーきに はばかりさん』     ② 『おはよう おかえり』

 


①は「ありがとう ご苦労様でした」 ②は、出かける時の“行ってきます”に対して送り出す人が「行ってらっしゃい。早く無事に帰ってきてね」という意味です。

 

この言葉が、胸に染み入りました。ふるさとでは日常的に交わされたことばです。

ところがもう何十年 聞いたことも使ったこともありません。とても懐かしい方言です。

その活字が、私の小さい頃の思い出に誘ってくれました。

 

祖母は、長らく和服の仕立ての仕事をしていて、私はよく縫い糸を買ってきて欲しいと頼まれました。

お使いから帰ってきて糸を渡すと、決まって『おーきに はばかりさん』と労ってくれました。

私も喜んでくれる祖母の姿を見て とても嬉しくなったものです。

 

また朝学校に出かける時“行ってきまーす”と言えば、母や祖母が『おはよう おかえり』と 明るくことばを返してくれました。

何の変哲もない、ごくごく普通の会話シーンですが、そんなやり取りは記憶から抜け落ちていました。

 

しかし、目に映った非常に懐かしい表現に、瞬時にして遠い昔の一場面が活き活きと息を吹き返してきました。驚きです。思わず笑みがこぼれました。

これならコロナ禍でも一人で安全に楽しめます。自分史に触れる時間旅行です。

 

分厚い本を丁寧に読み進めば、果たしてどれくらいの日常場面が蘇ってくるだろか。

故郷思いで

カレンダー

2022年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28