1. アナウンサー
  2. アナウンサー日記
  3. 石田 充
  4. プロ野球開幕戦 ラジオ中継の舞台裏

 

6月19日、プロ野球開幕。

横浜へラジオ実況のため乗り込む日でした。

 

しかし現地の予報は雨…。

約3か月待ったのに、さらに延びてしまうのか。

半信半疑で新幹線で資料の準備をしていました。

 

プレーボール4時間前。

横浜スタジアムに到着。

視界が霞むほどの雨…。



練習は室内のため見られず。

 

そして放送席へ行くと、

まさかの光景が…。


image

タイガース座布団


 

関東の局の部屋を借りているのですが

なぜか、ハマスタで阪神グッズが置かれていました(苦笑)

とりあえずこの座布団に座っての実況です。

 

開幕30分前

無観客のためか、高揚感も少なく、極度の緊張感もない。

どちらかといえば、「本当にこれからはじまるのか…」という地に足がつかない感じでした。

そして第一声を何にすべきかずっと悩んでいました。

伝えたいこと、伝えなければならないことはたくさんあります。

通常の試合であれば、天気、球場風景、選手の様子、チーム状態のどれかを喋っていると1球目になるのですが、異例の状況で迎える2020年。

開幕が延期したこと、佐々岡新監督の初陣、カープ70周年など

ほかにもプレーボール前に入れ込みたいフレーズがたくさんありました。

逆に「新型コロナウイルス」というフレーズは絶対に放送中に言わないようにしようと思っていました。



さて、どれを第一声にするか…。

17時55分になっても悩んでいると…どんどん強まる雨脚。

 

「そろそろDeNAの選手たちがシートについてもよい頃なのに

あれ?出てこない。まだ何か開幕戦ならではの演出があるのか?」などと考えていると

18時のラジオ中継開始30秒前。

「おっ、これは1球目まで時間がありそうだぞ…」

ということで、イメージしていたフレーズを許す限り並べて伝えてみようと決断。

 

『2020年は鯉の季節に野球ができませんでした。カープ70周年のシーズンは梅雨の季節に開幕です…』

などなど喋っていると、

ビジョンに浮かんだ「18時30分開始予定」の文字…。

 

なんと、放送開始30秒で、すべてのプランが崩壊(苦笑)

 

ただ、そのあと、解説の山崎隆造さんに言ったひと言

「開幕が今年は91日遅れました。30分なんてあっという間ですよね!?」

というのが本心だった気もします。

 

その後、雨は降り続きましたが、無事に18時32分に始まり、みなさんご存知の通り、最高の開幕戦になりました。

 

8回ウラの三好選手のファインプレーに感動し、9回表の大瀬良投手の驚愕の初ホームラン!

その瞬間、放送席はこんな様子でした。


最高の初陣となった佐々岡カープ。

ちなみに私のリポーターデビューは2007年佐々岡さんの引退試合(横浜戦)

実況初勝利は2009年横浜戦。解説が佐々岡さんでした。

そして監督初勝利を放送席から伝えられたことは幸せでした。

佐々岡さんには心から感謝です。



まだまだ無観客で、いつもの雰囲気とは違う球場ですが、120試合とは言え11月までの長い戦いが幕を開けました。

1日も早くスタンド観戦できる日を心待ちにしていますが、

ぜひ、テレビ・ラジオを通じても

佐々岡新監督率いるカープを温かく応援してください!

 

実況カープスポーツラジオ

アナウンサー一覧

カレンダー

2020年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31