1. アナウンサー
  2. アナウンサー日記
  3. 石田 充
  4. 7年ぶりの沖縄 ~変化・成長の日々~

2月16日~3月1日までの2週間、

カープのキャンプ取材で沖縄へ行ってきました。

 

私は例年、キャンプ前半を担当することが多く、

ここ6年は日南キャンプ取材が続いていました。

ということで、沖縄は2014年以来、7年ぶりでした。



 

まず感じたのは「環境の変化」です。

 

久々にカープのキャンプ地にたどり着くと、

施設が大幅に改善されており、驚きました。

昔は雨が降ると、

車で30分ほどの別のドーム施設へ移動しなければなりませんでしたが、

今は球場の隣に立派な屋内練習場が建っていました。

 

私が行った2週間の間でも、

スコールのような雨が何度も降りましたが、

幸運なことに実戦形式の練習に影響はありませんでした。

ただ、気温が10度ちょっと。

カイロを3つ持っても寒い日がありました。

沖縄出身のあの安仁屋さんもマフラーで取材でした。



 

またこの2週間で実感したことは「若手の成長力」です。

 

私が16日に沖縄に着いた日。

佐々岡監督は「若手のアピール不足」を嘆いていましたが、

3月1日の打ち上げの日「若手のアピール」を称えたキャンプに変わりました。

 

「わずか2週間」。

キャンプの50%と言えば大きなウエートを占めますが、

指揮官の評価が大きく変化した14日間。

開幕までは約3週間です。

さらに成長をアピールして、開幕1軍にどれだけの若ゴイが名を連ねるのか。

そして誰が2021年ブレイクするのか!? いまから楽しみです!



 

さて・・・今年のコロナ禍のキャンプ取材は制約だらけでした。

対外試合も人数制限があり、見られなかったこともありました。

さらに選手と直接話をする機会は激減。

私が2週間で担当したインタビューも2選手のみでした。

PCR検査を受けたのち、アクリル板を挟んでの直接の会話。

ただオンライン取材ではなく、

面と向かって話ができたのは嬉しいことでした。



 

困ったのは、夜ご飯。

外食NGはもちろん、取材スタッフとのホテルの部屋での会食も禁止。

毎晩テイクアウトメニューの日々でした…。



テイクアウトももちろん美味しいのですが、

スタッフと取材の反省点・改善点を語りながら

出来立てを鉄板で食べたかったですね♪

 

 

そして2週間も広島を離れると、後半は家族に会いたい気持ちが大きくなるものです。

 

3月1日の夜、広島に帰ってどんなリアクションをしてくれるか、ドキドキでした。

抱き着くくらいの愛情が溢れるのか、父の存在を忘れ冷たくあしらわれるのか・・・

 

結果は・・・6歳の息子も3歳の娘も、帰りを喜んでくれました☆

 

ただその後、6歳の息子からの質問に困ることに…。

 

「パパ~。“たいへいよう”に・・・“こんぶ”ってどれくらいあるの?」

 

2週間ぶりに再会して聞きたいことがそれとは…。

そして、答えが全く分かりません。誰か教えてください(笑)

 

子どもにとっても2週間の成長、変化も大きいですね!!

私も頑張って、日々、成長していきたいモノです♪

 

カープキャンプ

アナウンサー一覧

カレンダー

2021年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30