1. アナウンサー
  2. アナウンサー日記
  3. 小林 康秀
  4. 二人の専用ロッカー?

新しいサッカースタジアムのイメージパース。
ご覧になりましたか?

街中にあるスタジアムという雰囲気が、
絵や動画で提示されると「ついにここまで来た…」という実感が湧きます。
夕日に照らされる城南通り沿いからの中央公園の画像を見たとき、
すでにそこにあるかのようなリアリティーを感じました。



 

そうだ!サンフレッチェの申し子、森﨑兄弟に聞かなければ…。

広島で生まれサンフレッチェ一筋でチームを引っ張った二人。

高校生のころから二人を取材していた私としては、いてもたってもいられませんでした。

エディオンスタジアムで、

二人そろって話していたのは「ワクワクする」という言葉。

サッカーだけでなく、市民みんなで楽しめるスタジアムになるのでは…

という思いを深めたようでした。



放送には出ませんでしたがインタビューの中で、

二人が前のめりで話したことがあります。

 

小林「紫でそまったロッカールームの画像、あれ見てどう思いました?」
浩司「(選手の)モチベーションが当然上がると思います」 
和幸「自分のロッカーも欲しいくらいですよね」 
浩司「確かにね…(笑)」
和幸「専用の個人ロッカーをトレーニングするために」
浩司「(完成する)3年後のためにしっかりとプレーできる状態に戻したいと思います!」
和幸「言ったなぁ!」
小林「え?今、これを撮ってますよ(笑)」



現役復帰!?というのは冗談でしたが、気持ちは本気。
このようなスタジアムを目の当たりにしたら、
もう一度プレーしたいという思いを持つのも当然。
もちろん我々もその姿が見たかった…。

スタジアム建設議論はおよそ20年近く続き、
私もその間取材を続けてきました。
議論の長期化は残念なことですが、
だからこそ皆さんが納得いくものにしたい。
二人からはそんな思いが伝わってきました。

コロナ禍で様々な課題がまだあるかもしれませんが、
実現するなら、いい形になればいいなと願っています。
 

あわせて二人の個人ロッカーも…(笑)


サンフレッチェ

アナウンサー一覧

カレンダー

2021年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30