1. アナウンサー
  2. アナウンサー日記
  3. 田村 友里
  4. ガリ勉

先日実家でこんなものが発見されました。




中学高校の6年間愛用していた英単語帳「ターゲット1900」です。懐かしい!

私の母校・ノートルダム清心中学高校では、毎回英語の授業で、この単語帳をもとに小テストが行われていました。

 

中を開けてみると、全ページ、英単語と日本語の境目がご丁寧に折り曲げられています。

通学の電車の中でひたすら、英語から日本語へ、日本語から英語へ、と繰り返し暗記していた記憶が一気によみがえります。

小テストで間違えた問題には印もたくさん。

「昔の自分は偉かったな~」と思わず感心してしまいます。

実家で断捨離をしていた母も、この単語帳だけはどうしても捨てられなかったそうです。

 

実は、学生時代の私は、いわゆる“ガリ勉”。

成績も、体育と美術以外は学年トップクラスでした。

物心ついたころから「アナウンサーになる!」というのが夢だったので、アナウンサーになるには勉強しなきゃと必死になっていた記憶があります。

(※ガリ勉エピソードの数々は、9月4日発売の田村友里エッセイ本をご覧ください)

 

しかし、この単語帳には、自分なりの覚え方などもメモ書きされてあり…

これが結構恥ずかしい…



「summon/を呼びつける」という単語については「サーモンこっちこい!」と覚えていたようです。

雑すぎる絵まで付いています。

本当にこれで覚えられていたのでしょうか?

定かではありませんが、このような謎のメモは大量に残されていました。

 

そんな田村の単語帳が再び役に立っています。

ラジオ番組「ヨルノバ」で、私が学生と一緒に勉強するコーナーが始まったんです。

ぜひ聞いてみてください!

ヨルノバ思いで

カレンダー

2022年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31