RCC中国放送 サタケ 第九ひろしま2022 オンライン演奏会

バリトン
折河宏治

折河宏治

国立音楽大学卒業。 同大学大学院修了。
第14回日本モーツァルト音楽コンクール第3位。ウィーンで研鑽を積む。

藤原歌劇団公演《イル・カンピエッロ》にアストルフィとして出演、藤原歌劇団デビューを果たす。
続いて、アラン・ギンガル指揮《蝶々夫人》、アルベルト・ゼッダ指揮《セヴィリアの理髪師》に出演。
また日生劇場公演ではこれまでに十束尚宏指揮《ジャンニ・スキッキ》(公証人)、広上淳一指揮《利口な女狐の物語》:佐川吉男音楽賞受賞作品(ハラシュタ)、上岡敏之指揮《魔笛》(パパゲーノ)、広上淳一指揮《フィガロの結婚》(フィガロ)に出演。

2011年度エリザベト音楽大学着任後は、西日本に拠点を移してオペラやコンサートなどで精力的に活動中。
ひろしまオペラルネッサンス公演では、《遣唐使》、《カルメン》、《リアの物語》、《フィガロの結婚》、《ジャンニ・スキッキ》、《班女》、《ドン・ジョヴァンニ》に出演。
2015年8月には、マツダスタジアムでの広島東洋カープ主催試合において国歌を斉唱。
2015年及び2020年に広島サンプラザホールで開催の「サタケ第九ひろしま」のソリストを務める。
第37回県民文化奨励賞受賞。エリザベト音楽大学准教授。