RCC中国放送 サタケ 第九ひろしま2022 オンライン演奏会

指揮
西本 智実

指揮 西本 智実

世界各国を代表するオーケストラ・名門国立歌劇場・国際音楽祭より招聘。ダボス会議(WEF)「2030年イニシアティブ」に取り組むヤンググローバルリーダー、広島大学特命教授、大阪音楽大学客員教授、広州大劇院名誉芸術顧問、大阪国際文化大使、バチカン国際音楽祭名誉パートナー指揮者、ヨーロッパ文化支援財団(EUFSC)指名指揮者ほか。

2015年原爆投下70年に際して、バチカン サンピエトロ大聖堂主席司祭アンジェロ・コマストリ枢機卿より広島市長と長崎市長宛ての親書が西本に託され、広島市長、長崎市長に手渡した。
『サンピエトロ大聖堂ローマ教皇の名によるミサ』、『高野山開創1200年記念法要』、北京大劇院における『北京大劇院日中平和友好条約締結40周年』、エルサレム マーラー交響曲演奏はイスラエル全土にFM局よりLIVE放送されるなど、歴史的演奏会を指揮。

芸術監督として舞台演出・指揮した『泉涌寺音舞台』は【ニューヨークUS国際映像祭 TVパフォーミングアーツ部門銀賞】【ワールドメディアフェスティバル ドキュメンタリー芸術番組部門銀賞】受賞、Fondazione pro Musica e Arte Sacra「名誉賞」、内閣官房国家戦略室「国家戦略担当大臣サンクスレター」など受賞多数。

2015年G7(エルマウ)、2016年G7(伊勢志摩)日本国を紹介するテレビCMに起用。CNNインターナショナル、ZDF、独仏共同文化放送テレビArte他で日本を代表する芸術家としてドキュメンタリーや演奏が世界各国で放送・配信されている。

2022年より内閣府・国立研究開発法人科学技術振興機構「ムーンショット目標9 」のサブプロジェクトマネージャー・研究者を務めている。