MESSAGE

~検診で命を守る~

日本のがん治療は日進月歩ですが、広島県でもがんにかかる人数は 年間2万人を超えており、約8,000人もの方ががんによって亡くなっています。

そのがんをみつける「がん検診」。
広島県の受診率は、すべての部位で全国平均を下回っており 特に女性のがん検診の受診率は、男性にくらべて低いのです。
「若いから私には関係ない」とおもっている方もいらっしゃるかもしれませんが 女性特有のがん「乳がん」「子宮がん」は若年化が進み、20~40歳代で発症するケースが急増しています。

「がん検診」は症状がない人が受けて、がんを早期発見し、適切な治療を行うことでがんによる死亡リスクを減少させることです。

3年後、5年後、10年後のあなたが大切な人と笑顔あふれる生活をおくるために、受けましょう!がん検診!

CAMPAIGN

CAMPAIGN PERSONALITY

image
田口 麻衣(たぐち まい)

コロナ禍になってがんが見つかる数が減っていると言います。
でもこれ、受診や検診控えが増えている影響なんですよね。
早く見つけることが大切だという事を思い出して、定期的な検診を続けたいですね。

アナウンサープロフィール
河村 綾奈
河村 綾奈(かわむら あやな)

仕事や家事で、ついついがん検診を後回しにしてしまう事もあるかと思います。
でも、検診を受けることは、自分と大切な人たちの笑顔を守ることにも、きっとつながります。
まずは予約からはじめてみませんか?

アナウンサープロフィール