EN

プロジェクト概要

【運行日】
2024年7月の平日 午前・午後の計2便(日時は決定校と要相談)
【運行区間】
  • 広島駅
  • 比治山下
  • 皆実町六丁目
  • 広電本社前
  • 車庫見学
  • 原爆ドーム前
【運行スケジュール】
<午前便>
10:00 広島駅発 → 10:22 広電本社前着~千田車庫見学 → 11:00 広電本社前発 → 11時16分 原爆ドーム前着(解散)
<午後便>
14:00 広島駅発 → 14:22 広電本社前着~千田車庫見学 → 15:00 広電本社前発 → 15時16分 原爆ドーム前着(解散)
【乗車料金
無料
【車両】
被爆電車653号
乗車希望の方はこちら 

※小学生(高学年推奨)を対象に、学校単位でご応募いただく形となります。

被爆電車運行プロジェクト

被爆電車特別運行プロジェクトは、「被爆者の高齢化が進む中、未来の世代に平和について考えてもらうきっかけになれば」という思いで、RCC被爆70年プロジェクトの一環として2015年にスタートし、これまで約2,800名の方にご参加いただきました。

昨年はG7広島サミットが開催され、被爆地から世界に平和を訴える大変意義深い年となりました。特別運行プロジェクトでは、未来の平和の担い手である子どもたちに、被爆電車を通じて平和を学び、そして伝えてほしいという願いを込めて、8月6日に抽選で選ばれた広島市立袋町小学校の児童30名に乗車していただきました。  今年は、夏休み前の7月に県内の小学生(クラス・学年単位)に乗車していただきます。

運行中の車内では、被爆電車653号や運行経路の主要スポットについて、写真や映像とアナウンスによりご紹介します。また、被爆建物が現存する広島電鉄千田車庫の見学も予定しています。

被爆電車を知る

被爆電車を、知ろう

LINEUP

  • 概要|about

    被爆電車とは

    被爆電車とは

  • 車両|vehicle

    被爆電車650形イラスト図解【外装】

    被爆電車650形イラスト図解【外装】

  • 車両|vehicle

    被爆電車650形イラスト図解【運転台】

    被爆電車650形イラスト図解【運転台】

  • 車両|vehicle

    被爆電車650形イラスト図解【床下機器】

    被爆電車650形イラスト図解【床下機器】

  • 歴史|history

    路面電車開業から戦時下の広電

    路面電車開業から戦時下の広電

  • 歴史|history

    原爆投下による広電電車の被害と復興

    原爆投下による広電電車の被害と復興

お問い合わせ先

被爆電車特別運行プロジェクト
広島市中区基町21-3 株式会社中国放送企画室内
TEL:082-222-1321
e-mail: tram@rcc.net